お肌が紫外線にさらされ続けると肌老化を悪化させるため、紫外線対策は重要です。日やけ止めクリーム等を塗って肌の日焼けを予防することで、紫外線B波の作用を減らすことができます。屋内にいても、日中は紫外線対策が必要です。紫外線A波は窓越しに皮膚に影響を与えるため、気を抜くことはできません。特に春先から夏の終わりまでは紫外線量も多いですから、徹底した対策が必要になります。夏は日の出も早くなり、起床時にはもう太陽が地表から顔を出していることも多いものです。無防備にカーテンを開けてしまうと紫外線に素肌をさらしてしまうことになってしまいます。紫外線から肌を守るためには、日やけ止めクリームを塗り終わるまではカーテンを開けないようにします。カーテンを開けて太陽の光を室内に入れるより前に、洗顔を済ませてスキンケアと日やけ止めクリームの使用を終わらせてしまいましょう。気軽に普段使いができるように、使いやすい日やけ止めクリームを売り出すメーカーもふえています。伸びがいいと薄く伸ばすのも楽ですが、日焼け止めは薄すぎると充分に効果が得られません。日やけ止めを使い惜しんで少しず使っていると、紫外線対策効果が得られませんので、正しい使い方をしましょう。日焼け止めの対策を行うことで効果が充分に発揮されますから、シミなどの肌老化を防ぐのに役立ちます。