格差社会が進み、仕事のスタイルも多様化している近年では、女性の働く場所の多様化が一層進んでいます。少し前までは、女性は仕事につく時間がごく短く、ほどなく専業主婦になることが当たり前でした。日本の景気が非常に悪かった就職氷河期は、女性はなりたい仕事にはつかず、妥協した仕事の選び方をしていたようです。仕事は腰掛けで、何年かしたら結婚し、家庭に入って専業主婦として暮らすという前提のもとの行動でした。正社員として仕事をする人が減少し、パートやアルバイトなどの非正規雇用者が昨今はふえています。この先の日本の景気が楽観視できない中で、非正規雇用で日々の生計を立てている人が珍しくありません。景気が悪く、会社の経営も危うい状態が続くと、会社の都合で非正規雇用の人は簡単に契約を打ち切られてしまいます。女性が専業主婦でいるためには、男性が正社員として安定した働き方をしていることが前提になっていました。専業主婦が減少し、フルタイムで働く女性が増えてきたのは、社会的な事情があります。出生率が下がっている日本では労働人口の減少が確実なものになっているため、女性の働き手も大事です。女性にとって長く仕事ができる場所をつくるために、産休や育休がとりやすい社内環境を目指す企業もあります。社会情勢の変化と共に、女性が働くことへの価値観も変わってきており、働きやすい環境ができつつあります。